グルコバイ画像

糖尿病治療薬の効果について

生活習慣病の中でも特に恐ろしい病気は糖尿病です。
糖尿病を発症してしまうと様々な合併症を引き起こしてしまい、最悪の場合失明や心筋梗塞などを発症してしまう可能性があります。
糖尿病を悪化させない為には血糖値のコントロールを速やかにおこなう必要があります。
また糖尿病には1型と2型が存在しており、ほとんどの糖尿病患者の方は2型の糖尿病を発症されています。
1型の糖尿病の場合は原因がはっきりと解明されていませんが、2型の糖尿病の場合は肥満などの要因が重なって糖尿病を発症してしまいます。
食生活の悪化や肥満などの要因が重なってしまうとインスリンの分泌が悪くなり糖を分解する事ができなくなります。
インスリンの分泌が悪くなり糖を分解する事ができなくなると血液中の糖度が上がり、血糖値の高い状態が続いてしまいます。
血糖値の高い状態が続いてしまう症状を糖尿病と言い、血糖値の数値によって症状の深刻度が違います。
血糖値の数値が極めて高いと重度の糖尿病と診断され糖尿病治療薬を利用しなければならなくなります。
糖尿病治療薬には血糖値を下げる効果があり、服用方法を間違えたり健康な人が服用すると命を落としてしまう可能性があり危険です。
また糖尿病治療薬は軽度の糖尿病患者には処方される可能性はほとんどありません。
軽度の糖尿病患者の場合まず運動療法と食事療法を中心に治療がおこなわれます。
何故なら軽度の糖尿病患者の方は生活習慣の改善だけで血糖値を下げる事が可能である為です。
また血糖値の数値が著しく高い方であっても初診で糖尿病治療薬を利用するという可能性は低いです。
初診の場合ではペットボトルシンドロームと呼ばれる一時的に血糖値が上昇してしまう病気である可能性も否定できない為です。
何故なら糖尿病治療薬の処方は極めて慎重におこなわなければならないものであり、処方のタイミングを間違えると低血糖による昏睡状態を引き起こす可能性がある為です。